MENU

【M1 2020】オズワルドは面白くない?面白い?ネタ動画まとめ!コンビ名の由来や伊藤&畠中の経歴も!

2020 12/21
【M1 2020】オズワルドは面白くない?面白い?ネタ動画まとめ!コンビ名の由来や伊藤&畠中の経歴も!

オズワルドは、2014年に結成後、頭角を現し、2019年には、M-1グランプリで決勝に進み、7位に入賞しました。

ボケ担当の畠中悠とツッコミ担当の伊藤俊介で奇妙でシュールな漫才を披露しています。

2020年のABCお笑いグランプリでは、決勝に進出するも惜しくも準優勝となっています。この時のファーストステージでは、ほとんどの審査員がオズワルドに1位評価をしています。

 

実力は折り紙付きのオズワルドですが、今回は、そのネタはつまらないのか、面白いのか、について感想を紹介します。

また、オズワルドのコンビ名の由来や伊藤と畠中の経歴についても紹介します。

↓Amazonプライムなら30日間の無料お試しで過去のM1から2020まで無料視聴可能!↓

目次

オズワルドM1 2020はどうだった?動画あり

↓オズワルドのM1決勝公式動画(もし消えていたらAmazonプライムで視聴!)↓

 

引用:M1公式チャンネル

名前を変えたい畠中に、伊藤が常識的にツッコむ内容でした。

漫才のネタとしては完成度高かったのですが、今回は声量やアクションでゴリ押しするコンビが強かったですね。

結果は、総合642点で5位でした。

以下、オズワルドのネタに関していろいろな意見を調べてみました。

オズワルド人気の動画もありますので御覧ください。

オズワルドはつまらない?

まず、「オズワルドは面白くない。」といったタイプの感想をまとめてみました。

2019年のM-1で7位のオズワルドは、優勝したミルクボーイやペコパに比べると少しパワーが足りなく、物足りなく感じた人がいたようです。

オズワルドのボケとツッコミは、スローテンポで上品な感じもあります。

安定感もあるし、ネタに知性を感じさせますが、上方漫才のしゃべくりほどの勢いに欠けるのかもしれませんね。

個人的に好きなのは以前ネタパレであった「ドレミ」というネタで、「ドレミファソラシド」を「サイタマノウワサ」に変えてチューリップを歌うボケをする畠中に対し、伊藤が淡々とつっこむスタイルがオズワルドらしいネタで良かったなと思います。

ドレミとサイタをかけて歌詞もうまくサイタと咲いたになるネタは知的な感じがします。

ただ、やはり爆発力には欠ける安定したおもしろさが逆におもしろくないという人が関西に多そうな気がしますね。

オズワルドは面白いの声も!

「オズワルドは面白い!」という感想も沢山ありましたよ!

 

2019年のM-1決勝のネタは、先輩を寿司屋とバッティングセンターでおもてなしするネタでした。

爆発力はもの足りなかったものの、安定した知的なボケ、ツッコミが東京らしいすばらしい漫才でした。

脱力感の中、寿司とボールを握るでかけてボケ倒したあげくの、先輩の彼女の手を握るでオチ、は息の長いコンビとなることは疑いがありません。

優勝したミルクボーイが面白すぎたので、比較してしまうと酷ですが、笑いのツボは人それぞれ違いますから、オズワルドのネタが好きな人は結構いそうです。

特に関東の人は、おしゃれな漫才を好みますから、クールな2人の掛け合いは最高だったようです。

オズワルドとペコパだと、ペコパの新しいスタイルは新鮮で、オズワルドのスタイルはスタンダードな感じもします。

最近の漫才は、新しい形のボケ・ツッコミが創出されています。お笑いは進化続けていますね。

オズワルドも、ボケに言葉遊び(シャレなど)を多彩に織り込んでいて、知的な漫才が好きな人にとってはたまらないネタが多くあります。

2020のM-1決勝でもどんなネタを披露してくるのか期待が高まります。上位入賞は間違いなさそうです。

2020のM-1のネタや動画に関しては、番組放送後に追記します。期待してお待ちください!

オズワルドの人気ネタ動画まとめとネタの特徴

オズワルドの人気ネタ「絵本」

引用:ヨシモト∞ホール公式チャンネル

ゆっくり和やかな感じで面白いというか和みますね笑

オズワルドの人気ネタ「怒り」

引用:オズワルド公式チャンネル

こちらは畠中さんが攻めていて、しどろもどろな伊藤さんが面白いですね。

オズワルドの人気ネタ「登山」

引用:M-1グランプリ公式チャンネル

こっちは伊藤さんがブチギレながらツッコみます。

 

オズワルドのネタの特徴といえば、スローテンポな「東京漫才」でしょう。

スタンダードなしゃべくり漫才ではありますが、畠中のシャレの効いたボケがおしゃれですし、やさしくボケる感じが好感をもてます。そして、伊藤のツッコミは、鋭さよりもやはりやさしい雰囲気でつっこみます。

それを標準語で話すので、一層ゆるやかなネタがシュールな雰囲気、独特の世界を作り出します。

日常にある言葉を大切にして、その言葉と言葉の間の中でふとしたボケをかますようなスタイルは、万人に理解されやすくもあります。

M-1決勝では、志らくやナイツといった言葉の使い方がうまい審査員は、辛口な評価を出していますね。

知的な笑いの分、言葉選びに特に厳しい人は、言葉の選び方などで厳しく評価するのでしょうか。演技力とか勢いといったものは、ミルクボーイやペコパがダントツですから、土俵が違うような気もします。

評価者も苦しんだところでしょう。

オズワルドのコンビ名の由来、伊藤&畠中の経歴

コンビ名は、「ひらひら」、「スイッチヒッター」「オズワルド」の中からあみだくじで決定しました。

オズワルドというとディズニーのキャラクターが思い起こされます。

以前、ラジオでオズワルドの名前の由来がディズニーのキャラクターからきていることを語っていました。

スマホなどで検索すると芸人オズワルドよりもディズニーのオズワルドの方が多くヒットしたりします。

芸人オズワルドを検索していてディズニーのオズワルドのキャラクターを知ったという人も結構いるようです。

もう一人、オズワルドと言えば、アメリカ合衆国のケネディ大統領を暗殺したとされるオズワルドを思い起こす方もいるかもしれません。

当初、オズワルドのネタがシュールで不気味な感じもしていたので、ケネディの方かな、と思ったりもしていました。

 

ボケ担当の畠中は、北海道出身、1987年生まれ、身長が180Cm、B型です。NSC17期。

さくらももこの漫画「ひとりずもう」を読んで6年勤めた会社を辞めて、芸人を志しました。

当初は、コンビ「ティーアンドコークス」というコンビを別な相方と組んでいたが、解散し、しばらくピン芸人をし、のち、伊藤と組みました。

 

ツッコミ担当の伊藤は、千葉出身、1989年生まれ、166Cm、A型、ちょび髭、丸眼鏡です。

妹が女優の伊藤紗莉です。当初妹の稼ぎを頼って同居していたので「ひもお兄ちゃん」を自称していました。

当初、「バッカス」というコンビで別な相方と組んでいましたが、解散し、2014年、M-1グランプリ決勝を目標に畠中とオズワルドを結成しました。

まとめ

お笑い芸人「オズワルド」は、ボケの畠中とつっこみの伊藤のコンビです。

2人ともNSC17期の同期で2014年にコンビを結成しました。

オズワルドの芸名は、ディズニーのキャラクターからきています。

やさしいボケとシュールなツッコミでおしゃれな東京漫才を繰り広げています。

オズワルドは独特のテンポと才能を持っており、爆発力はないもののシャレの効いた笑いを面白いという人は大勢います。

↓Amazonプライムなら30日間の無料お試しで過去のM1から2020まで無料視聴可能!↓

↓M1 2020の関連記事一覧↓

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる